不眠障害用アプリが、今回の診療報酬改定では対応行わないって…

このアプリいつ出るのかな、と思ってたら、少なくともしばらくは保険適応にならないみたいです。

「意欲が出なくてずっと横になって1日スマホで動画を見ています」とか、「スマホくらいしか触れないです」という話をしばしば聞きますが、

しんどい時にも「スマホなら触れる」「スマホを見ることは少しくらいならできる」って、スマホってすごいな。

と思ってたので、そういうツール、スマホやらアプリやらって、何か治療の方法として、もっと可能性はないのかな、あるんじゃないかって思っていたので、残念です。

現段階で「評価すべき医学的有用性が十分に示されていない」とのことですが、全く効果がないであるとか、今後適応になる可能性がなくなったわけではないとは思います。

そんなに深刻な副作用は起こらないのではないかと思うので、まずやってみて少しでも効果があれば続ける、というところで考えられたらいいのにと思うのですが、保険適応というのはいろいろハードルがあるのでしょうね。